新宿二丁目日本語ラップナイトに狐火が出ます!

シェアお願いします♡

f:id:makisakouonuma:20170316005350p:plain

 

twitterで公開してそこそこ反響を頂いてるんだけど、3/31新宿二丁目で開催される日本語ラップナイトでDJやらせてもらいます!

それで、せっかくだからラッパーを迎えたいなと思ったんだけど、今回なんと狐火さんにお越し頂きます。

色んなラッパーさんがあたしに良くしてくれてるから誰を呼ぼうか本当に悩みました。でもやっぱりお客さんに絶対聴いてもらいたいラッパーは誰かなって考えたらたどり着いたのが狐火さんだった。幸運にも面白がってもらえたみたいでライブをしていただくことになりました。もう本当に嬉しい。

狐火とは

2000年前後に流行したアングラHIP HOP=Jazzy HIP HOPの流れを汲みながらもポエトリーリーディングを基にオリジナルのスタイルを確立したラッパー。
アルツハイマーを発症した祖母について歌ったマイハツルアで注目を浴びる。

マイハツルア

マイハツルア

  • 狐火
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

そして生きる上で生まれる等身大の嘆きを作品にした「リアル」シリーズがファンから人気を集めたことによってラッパーとしてのステイタスを確立した。その功績が認められ、サマーソニック、B-BOY Parkにも出演。
就職に挑むフリーター(兼ラッパー)の嘆き、そしてラッパー兼業サラリーマンとしての不満や不安などを、言葉を選びながら表現していく。迷えるサラリーマンの鎮魂歌メーカー。

 

勇気が欲しい 特に上司が活発で生意気な年下でも余裕で頭を下げられる勇気が欲しい 月給25万以上社会保険出来ればジムの割引券も欲しい 採用面接前から働いている自分を想像してネガティブにならない勇気が欲しい けど、本当は1つの事を信じて続ける勇気を一番欲しい

27才のリアル

 

 あの社員が必死に今の位置に登りつめようとしている頃に、オレは朝から代々木公園でカンビール飲んでた。

コピー機の前で頭を抱えトイレの鏡で不適に笑え 社会に出たら非常階段ですら逃げ道ではないんだからね

29才のリアル

 

 仕事中エクセルで計算する今月の給料とライブのギャラ だめだ今仕事を辞めたら路頭に迷う でも、下を向くなら舌出して笑え

愛想笑いと謙虚なユーモアそしてたまに配るクッキーがあれば何とか会社でうまくやっていける 飲みの席では温泉詳しければ上司の話について行ける 何とかここでうまくやっていける気がした

30才のリアル

 

チューチュートレインの一番後ろでしゃがんでるだけの人生でいい

絶対こんなはずじゃなかった オレこんなはずじゃなかったんだよ

こんな会社明日辞めてやる 絶対に明日辞めてやるからな

31才のリアル) 

 

愛想を尽かして出て行った彼女 その時現実がぐっと近づいて膝を着いて考えた 後ろを見ても何もない 前を見ても何もない 隣を見ても何もない 

33才のリアル

 

【PR】狐火ベストアルバム発売中


狐火の魅力

狐火の一番の魅力は弱さだと思う。本来、HIP HOPは「マニー・ドラッグ・セックス」に代表されるように男が男たる強さを誇示するのが当たり前だった。相手をwackだとdisり、己の強さを勝ち誇る。

しかし狐火は真逆を行った。己の弱さをさらけ出し、恥じることなく、でも自嘲気味に歌にして世に送り出した。それが衝撃的だった。しかし自分の弱さをさらけ出せる勇気は一周回ってもはや強さに感じる。そしてその弱さに共感した人たちの多さよ。などと言いながら、あたしもその弱さにハマってしまった。

人にとって最大の慰めは共感だ。人はそんなに強い生き物ではない。「わかるよ、わかる」と共感できるものを探し求めてしまう。その対象が狐火だったのだ。

その姿勢は決して万人受けはしないだろう。しかしこのストレス社会と言われる現代において、狐火は多くの人の救いとなった。大げさだと思うかもしれないが、実際にあたしは救われた。だから単純により多くの人に狐火を聴いてもらいたいと思って、今回呼んだのだ。

狐火伝説

こんな風にかくと狐火という存在があたかも聖人のように感じられてしまうかもしれないが、まったくもってそんなことはない。実物は本当にその辺にいるあんちゃんだ。むしろ、ちょっとぶっ飛んでる気配さえある。というか確実にぶっとんでいる。あたしも長らく狐火ウォッチャーだったのでその例をいくつか伝えたい。

狐火はリズムを地団駄で取る癖があるようで、ライブの時はいつも地団駄を踏んでいるが、ついに地団駄も度を越して両足複雑骨折になってしまったようだ。しかも地団駄を踏みすぎて目から血がでてきたこともあるという。なんなの。

そんな狐火はサマソニのインディーズ枠かなんかでオーディションを勝ち抜いて出演をしたのだが、その快感が忘れられないらしい。しかしサマソニのその枠は1アーティストにつき、1回までの出演しか認められないとのことで諦めざるを得なかった。でもこの人は往生際が悪く、サックスプレイヤーを見つけてきて「キツネクション」というバンドを組み、再度オーディションに向かった。しかし残念ながら狐火というラッパーであることがバレて大目玉を喰らったらしい。

そして齢34にしてこれまでに出したアルバムが11枚だという。

先日のメガネのツルでお酒をかきまぜたり、人のスマホを取り皿にして食べ物を食べた話も面白かった。

こんなふざけた伝説すらも狐火らしくて大好きだ。正直、これらのエピソードを知ったことにより「この人なら二丁目来てくれるかな」なんて発想に至ったのだ。

ベストアルバム

先日遂に狐火のベストアルバムがリリースされた。


これを読んで興味を持った人はぜひベストアルバムを購入してほしい。そして3月31日に二丁目で開かれる日本語ラップナイトでの狐火の雄姿をぜひ拝んでほしい。

如何せん二丁目でのイベントです。普通のイベントとは違うかもしれません。もしかしたら女装のオーディエンスもいるかもしれません。そういう非日常な空間も皆に体験してもらいたいし、狐火さんにも楽しんでもらえたらと思います。

男の子はもちろん、女の子も入れます。小さいバーなので人がいっぱいきたらどうしようと思ったけれど、そんな時は路上でみんなで狐火の歌を聴こう。

心から皆さんのご来場、お待ちしております。

 


それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • それでいいっしょ