読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また面接に落ちた。

シェアお願いします♡

また面接には落ちてしまった。こないだの面接は転職エージェントの担当の方が同席だったんだけれど、好印象だったと思いますよと言われて安心していたのでちょっとびっくりした。これで落ちた企業は100社越えたかな、それともまだ2ケタかな。なんてばかなことを考える。

でも面接には落ちたけど、副業のライターが軌道に乗ってきたので気分は全然落ち込んではいません。近いうちに大発表ができると思います。そんなわけでとりあえずマイナビ漁ってる。がんばろう。あと色々原稿が溜まっているので落ち込んでる暇もないの。


相変わらず工場の肉体労働のバイトの方は続けている。就活を意識すると週に4日が限界。土曜日求人があるときはできるだけ働いてるし、それに副業だの、アフィだのって色々やっているけど、やっぱり生活は厳しい。ちなみにアフィはこんな感じなので良かったら見るだけでも(って怪しいな)。

 

近所で時給1250円の夜勤という工場のバイトを見つけたので融通が利くのならばそっちにしてもいいかなとちょっと心が揺れている。今は通勤に片道1時間かかっているので余計にそう思っちゃう。でも今の工場もみんないい人たちばかりで居心地が良くて中々離れづらい。あと夜勤は体への負担がありそうでちょっと怖い。それにしても「バイト先に悩む33歳」って響きの情けなさよ。

 

そういえば昨日はバイト先で事件があった。
あたしの他にも派遣のバイトは何人もいるんだけれど、まあ、いわゆる日雇いだから基本的に人はいつも違う。長期的に入っているのなんてあたしくらいだ。人柄の良さそうな人も入れば挨拶もできないような変な人も入ったりする。大抵はフリーターの女の子だったり、学生風の男の子が入ったりしてるんだけれど、昨日も学生みたいな男の子が入っていた。

男子なので担当するのは残念ながら力仕事。あたしも最初は苦労したので大変だろうなあなんて思いながら見ていた。そんで納期が近いのでお昼休みも仕事を続けることになって、あたしはその子と仕事を交代することになった。「じゃあお昼休憩行ってください」って見送ったんだ。その子が戻ってくればあたしは休憩に入れるって話なんだけど、その子がなかなか戻ってこない。見かねた社員さんがあたしの代わりに仕事に入ってくれたのであたしは無事休憩をもらえたんだけど、なにやら不穏な空気が漂ってる。

なんと昼休み中にその子がバックれましたとさ。無断欠勤なんていうのはまあ、たまにある話だったんだけど、仕事中にバックれるってのは前代未聞だ。しかも工場の玄関を通るには事務所の前も通らなくてはいけなくて、私服で玄関を通るとバックれがバレバレだからって作業用の白衣を着たまんま荷物を持って帰っちゃったんだって。
凄いね!ってみんなでびっくりしてた。ってことは駅のトイレかどっかで白衣を脱ぎ棄てて私服に着替えて帰ったってことでしょ。それも間抜けな話だなあ。

賃金が高くない割にはつらい作業っていうのもすっごいわかるけど、耐えられないほどだったのかな。最近の若い子は忍耐ってものが~と言いかけて、自分のおばさん臭さに気づいてやめた。というかそこまでしてバックレるなんて、たくましい話なんだか、たくましくない話なんだかまったくわからん。無責任ではあるけれども。
この出来事は「昼休みバックれ事件」として今後語り継がれていくだろう。

 

愛着のある仕事だし、力仕事のおかげでスタイルも良くなってきたけど、早くこんな環境から抜け出したいなって思ったんでした。がんばるぞ。

 

 

 


それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • それでいいっしょ