読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

待乳山聖天のありがたいお札と大根

日記 THE 下町
シェアお願いします♡

あら汁も作った、ジムにも通った、今日なんてジムじゃなくて公営プールで昼間から軽く流した、でもそろそろ無職にも飽きてきたなという頃合いで、友達が浅草のお寺にお参りに行くというので連れてってもらいました。そうだった、無職なので日時の把握ができていなかったが世は節分なのである。

ちょっと自転車に乗るもの寒いかな、と思って浅草行きのバスに久しぶりに乗っちゃう。バスは色々な景色が見れて楽しいなあ。

f:id:makisakouonuma:20160204133815j:plain

 

隅田公園に沿ってしばらく進んだところにある待乳山聖天。まつちやましょうでんって読むんだけど、一回聞いたときは「松山商店」って聞こえて「お寺なのに商店とか意味わかんない」って思ってしまった罰当たりなオカマはあたしです。

待乳山聖天

ちょっとした高台にあって、同じ浅草にある浅草寺や鷲神社程の規模はないけれども、でもとっても味わいのあるお寺でした。3時から豆まきだったのだけれども、着いたのが3時半くらいで、豆は既に撒かれていた。でも本堂ではお坊さんがお経を唱えてる最中でありがたい空気がビシビシ伝わってきたよ。

待乳山聖天は戦いの神様である毘沙門天を祭っているんだけれど、大根をお供えする珍しいお寺。しかも先にきていた友人が御下がりのありがたい大根をもらってきてくれて、おすそわけを頂いた。嬉しい、何をつくろうかな、酢漬けかな、お味噌汁かな、葉っぱはお浸しにしようかな。これ食べたら仕事決まるかな。
でも徒然草にも「大根を愛してやまないお偉いさんが敵の奇襲を受けたけど、大根の幽霊に助けてもらった」って話があるくらいだから大根は昔から聖なるものとして扱われてきたのかもしれないね。

matome.naver.jp

お経が終わって、本堂に並んでご焼香。伽羅かな?白檀ではない甘い香りが漂っててとっても居心地がよかった。節分にしか頂けないありがたいお札をしっかり頂きました。さっそく部屋に貼ろう。福はうち!金はうち!職はうち!そしてあたしの心にも鬼はいるよ!もちろん、貴方の心にもね!!!

f:id:makisakouonuma:20160204133957j:plain

そのあとは隅田公園のタリーズスカイツリーを眺めながら暖かいカフェラテを飲んで、ジェラート屋で甘酒ジェラートを食べて、「あれ、なんか浅草ってこんなに人いなかったっけ?あ、今日って平日だった」ってはしゃぐ無職と仕事を入れてない自営業。あー無職って幸せってほんのり口に残る甘酒ジェラートの麹の味をかみしめて思うのでした。

 


それから下町のバーで飲んだくれ。
「お、珍しいじゃん、友達連れてくるなんて」といわれながら友人も常連の皆さんに暖かく迎えられて楽しかったみたい。仕事の話とか音楽の話とかヨガの話とか入り乱れてなんか色々カオスだったけど。友人は「こんなバーが近所にあるなんてうらやましい」とまで言ってた。そして下町のオコゲパイセンが友人に「オコゲっしょ?」「新宿に住んでるの?自覚がないだけでオコゲじゃん!」とグイグイ来てオコゲの風格を見せていたのがおかしかった。

 

あー沢山飲んだ。昨日はちょっとしか泳いでないから今日はがんばってホットヨガしよっと。その前に頂いた大根でほろふき大根を作ります。あ、味噌買ってこなきゃ。


それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • それでいいっしょ